退職後の医療保険制度

被保険者が退職すると、その翌日に被保険者の資格を失います。被保険者も被扶養者も当健保組合の被保険者証は使えなくなりますので、別の医療保険(健康保険、国民健康保険等)に加入することが必要です。

(被保険者証は、事業主を通じて当健保組合に返却してください。)

退職後医療保険制度

75歳になると、どの制度に加入している人もこれまでの医療制度を脱退し、後期高齢者医療制度に加入します。

65~74歳は前期高齢者

65~74歳の人は、前期高齢者となりますが、給付等は現行どおりです。健康保険組合は前期高齢者のための納付金を拠出しています。

退職後の医療制度と負担額

退職後の医療制度と負担額