被扶養者から外すとき

被扶養者が就職したときや、収入増加等により、被扶養者の認定要件を満たさなくなった場合は、事由発生後、速やかに「被扶養者(異動)届」をご提出ください。

なお、扶養の事実がないにもかかわらず、届け出が遅れた場合は、さかのぼって資格を削除し、当該期間中に保険診療や給付金、健診等の補助金を受けていたときは、当健保組合が負担した医療費や給付金、補助金等を返還しなくてはなりませんので、ご注意ください。

被扶養者の削除日

原則として、被扶養者の認定要件を満たさなくなった日が「削除日」となります。

資格削除の事由 資格削除(喪失)日
就職等により、健康保険の資格取得要件を得た(パート、アルバイト等を含む) 就職した日(採用日)
収入要件(限度額)を超過する 限度額を超過することが見込まれた日
被保険者と離婚した 離婚した日
家族が死亡した 死亡した日の翌日
家族が75歳になった
(後期高齢者医療制度に加入)
75歳の誕生日
その他、認定要件を満たさなくなったとき 認定要件を満たさなくなった日
(または満たさないと見込まれた日)

収入要件(限度額)については、「被扶養者の認定基準」をご参照ください。

提出書類

  1. 健康保険被扶養者(異動)届
  2. 被保険者証(該当者分)
  3. 上記の他、該当者に交付している証(限度額適用認定証、高齢受給者証等)

提出先

在職中の方は、事業所を通じて当健保組合へご提出ください。

任意継続被保険者は、直接当健保組合へご提出ください。

申請書類はこちら
  • 被扶養者(異動)届
    事業所の担当者へお問い合わせください。
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。