被扶養者にするとき

健康保険では、主として被保険者の収入で生計を維持している一定範囲の家族についても給付等を行います。この家族を「被扶養者」と呼びます。

ただし、被扶養者は、被保険者の家族なら誰でも認定されるというものではなく、法律等で示されている一定の条件を満たすことが必要です。

このため、被扶養者の認定を受けたい家族がいる場合は、被保険者が所定の申請を行い、保険者(健保組合)は、社会通念等にも照らした総合的な「審査」を行ったうえで、被扶養者として認定するかを決定します。

被扶養者の認定要件(基本)

被扶養者の認定を受けるためには、次に掲げる全ての条件を満たす必要があります。

  1. 主として被保険者により生計を維持されていること。

    「主として被保険者により生計を維持されている」とは、生活のために支出する費用の半分以上を被保険者の収入によりまかなわれている状態をいい、経済的扶養事実が将来にわたって継続していることが前提となります。

    夫婦が共に働いて子供を扶養している場合は、原則として子どもの人数にかかわらず、収入が多い方の被扶養者となります〔夫婦共同扶養の取り扱い〕。

  2. 健康保険法で定められた3親等内の親族であること。
  3. 認定対象者に収入がある場合は、一定の収入要件を満たしていること。

◆詳しくは、「被扶養者の認定基準」をご参照ください。

被扶養者の認定日

原則として、「被扶養者(異動)届」、「扶養状況説明書」、「各種確認書類」一式が提出され、当健保組合が被扶養者の認定要件を満たしていると認めた日が「認定日」となります。

提出書類

  1. 健康保険被扶養者(異動)届
  2. 扶養状況説明書 省略できる場合あり
  3. 各種確認書類

◆「扶養状況説明書」は被保険者との続柄により、A:配偶者、B:子、C:父母その他、と書類が異なります。

◆「扶養状況説明書」の設問等に回答していただくことで、必要な確認書類がわかります(「被扶養者認定申請時の確認書類一覧表」も併せてご参照ください)。

提出先

事業所を通じて当健保組合へご提出ください。

任意継続被保険者で新規に扶養する場合は、直接当健保組合へご提出ください。

申請書類はこちら
  • 被扶養者(異動)届
    事業所の担当者へお問い合わせください。
    扶養状況説明書A【配偶者の申請用】
     
    書類(PDF)
    扶養状況説明書B【子の申請用】
     
    書類(PDF)
    扶養状況説明書C【父母その他(配偶者と子以外)の申請用】
     
    書類(PDF)
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。