特定健診・保健指導

特定健康診査・特定保健指導について

高齢者の医療の確保に関する法律」(以下「」高確法という)にもとづき、2008年4月から健保組合などの医療保険者に対し、40歳から74歳までの被保険者(本人)および被扶養者(家族)にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した「健診・保健指導」を実施することが義務付けられています。これを「特定健康診査(特定健診)」・「特定保健指導」といいます。

被保険者の方は、事業所実施の定期健康診断(法定健診)に特定健診は含まれています。

特定健康診査とは

特定健診は、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を発見し、生活習慣病にかかる危険度を調べることに特化した健診です。生活習慣病予防のための保健指導(特定保健指導)を必要とする人を抽出する目的があります。40歳以上の方は、ご本人(被保険者)、ご家族(被扶養者)問わず全員が対象になります。

特定健診項目

基本項目
問診(服薬歴、喫煙歴、既往歴、自覚症状、質問票)
診察(他覚症状)
身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
血圧
血中脂質検査:中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、non-HDLコレステロール
血糖検査:空腹時血糖またはヘモクロビンA1c
肝機能検査:AST(GOT)、ALT(GPT)、r-GT(r-GTP)
尿検査:尿糖、尿蛋白
詳細項目

前年度の健診結果等を考慮し、医師の判断により必要と認めた場合に実施

貧血検査:ヘマトクリット、血色素、赤血球
心電図
眼底検査
血清クレアチニン

特定保健指導とは

特定保健指導とは、生活習慣の改善のための取り組みを、ご自身で継続的に行うことができるよう、保健師などがさまざまな働きかけやアドバイスを行うことです。生活習慣を改善することで、内臓脂肪やそのほかの値を正常にし、健康的な生活を取り戻すことを目的としています。特定健診とは違い、40歳以上全ての人が対象になるわけではありません。健診の結果をもとに、生活習慣病にかかる危険度によってグループ分けされ(「階層化」といいます)、そのうち「動機づけ支援」「積極的支援」に分類された方が対象となり、実施されます。

動機づけ支援

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が原則1回の動機付けを行います。初回時から6ヵ月以上経過後に、身体および生活状況の最終確認を行います。

積極的支援

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が3ヵ月以上の定期的・継続的な働きかけを行います。初回時から6ヵ月以上経過後に、身体および生活状況の最終確認を行います。

情報提供

健診結果の見方や生活習慣病に関する基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報を提供します。

特定保健指導の対象者はこうして決まります(階層化のステップ)

イラスト

イラスト